ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






こちらの記事に非常にわかりやすい解説がされています。

米国の住宅ローンが$12兆($12Trilion=1200兆円)あって、話題の政府系保証会社フレディマックが$3Tillion(300兆円)、ファニーメイが$2.2Trillion(220兆円)を保証している由。両社は政府系ということで両社の債券は最高格付けAAAが与えられていた。市場に出回っている米国債が500兆円あまりということなので、両社が破たんして米政府が面倒を見ることになると1020兆円という現米国債の2倍の巨大債券が生まれることになると。

うーん。

スポンサーサイト





先週土曜日にRCセミナー受講生による勉強会を東京で開催しました。今年2月の東京、4月の大阪に続いて今回で3回目になります。

今回は、小生の航空券予約の関係で日程が制限されてしまったこともあり、合計5名の方が参加。種々情報交換や、便利ツール・日頃研究されているシステムの内容発表など有意義な時間となったと思います。

これまでの経緯から小生が幹事役となっているわけですが、今回は最近好調のシステムの内容をご紹介しました。バックテストのパフォーマンスサマリーをこのブログにも載せておくことにします。







極秘レポート;バイオ燃料が食糧危機の原因

食糧価格上昇の75%は、バイオ燃料が原因であり、米国政府発表の3%とは大幅な乖離がある。途上国の急激な収入増加やオーストリアの旱魃の影響が食糧価格上昇の主原因ではないと。

サミットでの議論の前提がずれているような気がしてならない。







来週は洞爺湖サミット。開催地のみならず、どうやら成田や東京は厳戒警備中らしいが、夏休み入り前を狙って予約したチケットがあるので、来週予定通り東京に行きます。

サミットに向けて、CO2問題も種々会合が開かれているようだ。「地球環境国際議員連盟(GLOBE)東京G8+5議員会合」、会合の名前とトニー・ブレアと阿部元首相の二人が基調演説とか聞くだけで、小生などはぞっとするのだが、同じように考えている人もいるようだ。温暖化を喰い物にするCO2の商品化

いわゆるコンサル業界に友人がいる。数ヶ月前に再会したのだが、彼らの眼が輝くキーワードは、「環境」、「CO2」、「バイオオイル」だった。今になってカラクリが見えてきた。







時間が経過するのは実に早いもので独立して3か月が過ぎました。

おかげさまで事務所も無事開設できましたし、昔の業界での新しい仕事も数件成約に漕ぎつけることができました。トレードのほうも裁量・システムともに以前より安定してきたと思います。

裁量トレードを続けているおかげで、システムのエントリー・脱出条件でいろいろな発想が生まれてきますし、システム開発をしているおかげで、裁量エントリーをしても、「この状況では利益は伸びないから早めに脱出する」といった相乗効果が出ているのだと思います。

というわけで、月間最高益を更新しました。7月も気を引き締めていきたいと思います。












堺市に、シャープ・堺市・関西電力がメガ・ソーラー発電所を2010年までに建設するそうだ。

10MW級と28MW級で、10000トンの二酸化炭素排出を削減できる由。でも関西電力の発電能力は、35,760MWもあるので、全発電能力の0.1%にしかならない。シャープの太陽電池工場が主な給電先のようなので、あたかも同社太陽電池の巨大展示場のようになるのだろう。

ソーラー発電は、燃料代がかからない代わりに初期投資が莫大になるわけで、これを日本人が0.1%の発電能力設備を負担するから吸収できるようなものの、これを電気のないアフリカ諸国に押し付けたら飛んでもない話になるのは明らかだ。








| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 いつかはトレーダー・S&P500先物システムトレード運用日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。