ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






6月になりました。本当に時間が飛んでいく。今年ももう5か月終了してしまいました。皆さんの先月のトレードはいかがだったでしょうか?

先月はトレード以外のネタが多かったので、トレードネタに戻ります。エントリーポイントを探すのももちろん大変ですが、どこで脱出するかというのも同時に永遠のテーマだと思います。システムトレードであれ、裁量トレードあれ共通の課題といっても良いと思います。

直近のレジスタンス、サポートを自動検知するツールをご紹介。


20080602regis


小生は、5分足、25分足、125分足、日足、週足で主要指数をモニタしています。125分足は2-3日単位のトレンドを掴むのと、レジスタンス・サポートレベルを把握するのに便利です。

このチャートには3つのEasyLanguageツールが表示してあります。

●8EMA, 21EMA, 200EMAを表示するIndicator(これは誰でも作れますね)。
●終値が8EMAの上にあるか、下にあるかでバーの色を変えるPaint Bar(これも簡単)。
●過去のBarの突出値を拾ってきて、水平線を引くShow me。(黄色の●がその突出値、黄色線がレジスタンス、青線がサポート。チャートの右にレベルを数値表示。一度レジスタンス・サポートが一定の深さで突破されたら線を消す)

なお、レジスタンス・サポートを探す際に、ローソク足の本体で探すのと、高値・安値で探すのと2つのアプローチがあるのでEasyLanguage上は双方に対応できるようにしていますが、小生は高値・安値で探すほうが好みです(100分足でも、120分足でも、150分足でも同じレジスタンス・サポートレベルが得られるから)。


ちなみに昨晩のマーケットはダウ、NQ, ESともに大幅下落し、午後から反転しましたが、ちょうど3日前5月28日の安値1377.75で反転してますね。

システムへの組み込みはこれからというところです。

スポンサーサイト






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 いつかはトレーダー・S&P500先物システムトレード運用日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。