ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






5日高値の414近辺のレジスタンスというか、2月1日のギャップの抵抗は大きい。昨晩も資金追加投入するほどでないにせよ、典型的なブレイクアウトパターンでロングとなり、ハリマオーIが自動設定した深いストップで更なるブレイクを狙うも、結果は1ポイントのロス。途中総合指数、先物指数のブレイクのタイミングで何度かチャンスが出てくるもそのたびに売りを浴びさせられ降下。3月中旬に337付近のレジスタンスで何度もショートエントリが跳ね返ったパターンが思い起こされる。指数がどかっとブレイクしないと難しいかも。GOOGが算入されたばかりのSP500の先物も1330近辺をなかなか抜けない状況であり、いっそ市場全体が下降に転じてくれたほうがよほど執りやすいのだが。。。

20060405harimau


こうした小額ロスのトレードが出ないように再調整することは極めて容易です。エントリフィルタの条件を厳しくしてストップを浅めにしてこまめに脱出するようにすればいいのですから。レジスタンスの抵抗強さを鑑み、本当にそんな誘惑に駆られます。しかし、それでは大きなブレイクを必ず取り逃し、トータルでの利益、利益率は低下するのです。バックテストによる統計的裏づけが如実にそれを示しています。

こんなときのための異なるエントリーパターンも用意してあるので、ブレイクするか下降に転じるかまで数日苦戦を強いられると思いますが、我慢して耐えようと思います。一見楽チンに見えるシステムトレードですが、自分のシステムをどこまで信じるか、裁量トレードとは少々異なるメンタル面の強さが要求されると思います。そういう意味でもハリマオーIIの開発を急いでポートフォリオ運用できるようにしないといけません。
スポンサーサイト









Tradestationに移行する前にInteractive Broker(IB)の一時期使用していた時期があります。おそらく手数料は一番安いので裁量トレード向きかもしれませんが、チャートは弱いです。トレードスタイルにもよりますが、別のチャートソフトが必要かもしれません。また、システムトレードにはEasyLanguageを装備したTradestationのほうが有利です。IBにはバックテスト機能はありません。ご質問あればいつでもどうぞ。
【2006/04/08 00:57】 URL | ハリマオ #-[ 編集]

コメントありがとうございます。TradestationとかInteractive Brokersとかには私も興味があります。いろいろと参考にさせて頂きます。
【2006/04/07 23:16】 URL | あかね #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 いつかはトレーダー・S&P500先物システムトレード運用日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。